アパート経営をしてみて感じたこと

世の中は投資ブーム

世の中は投資ブーム : もらっているお金が増えればうれしい : 今までためていた預金を初期費用に

世の中は、投資ブームになっています。
サラリーマンとして働くよりも投資家として生きていけば、不労所得を得ることができるだけでなく自由な時間を作ることができる点は魅力的と考えられています。
確かに、理屈から考えれば嫌な思いをしてサラリーマンとして働くよりも魅力的かもしれません。
しかし、私の周りには不動産投資でうまくいかなかった人が何人かいます。
その理由は、何ら計画もなく世間で不動産投資が流行っていると言う理由だけでスタートしてしまったことです。
もちろん私も、不動産投資に興味はあったものの、周りの人を見る限り慎重に行動しなければならないと感じるようになりました。
ただ、サラリーマンだった私が不動産投資をするには5年以上の時間がかかりました。
なぜなら、わざわざ不動産物件を購入して不動産投資をするほどの理由もなかったからです。
そんな私が不動産投資に踏み切った理由の1つは、ボーナスがカットされたことです。
私の会社の経営状態はそれほど悪く悪くなかったものの、コロナウィルスの影響で一気に会社の業績が悪くなりました。
それ以降、まともにボーナスをもらっていません。
またこれからも、ボーナスが増えることもなく、減ること以外考えられない状態だったわけです。

【動画】中国アパート経営大手、米上場廃止へ https://t.co/E7O0WmcujB を投稿しました。
#sm38566640

— 大紀元 エポックタイムズ・ジャパン (@epochtimes_jp) April 11, 2021